医療過誤問題研究会とは

医療過誤問題研究会は、患者さんの代理人として医療過誤事件に取り組む、愛知県弁護士会に所属する弁護士のグループです。


当会は1977年10月、医療事故被害の救済と医療安全の実現を目指して、加藤良夫弁護士を初代代表とし、名古屋弁護士会(現愛知県弁護士会)に所属する弁護士有志をメンバーとして発足しました。以後、30年以上にわたって、活動を続けています。


当会は医療事故相談センターを設置し、医療過誤事件の面談法律相談を行っています。また、所属弁護士スキルアップのための研修、専門医を招いての症例検討会、医療被害防止・救済のための提言、関連書籍の出版なども行っています。


ブランク

概要

名 称医療過誤問題研究会
所在地〒461-0001 名古屋市東区泉1-1-35
ハイエスト久屋6階
電話052-951-3226
(受付時間:毎週火曜・木曜の午後2時〜午後5時)
発足1977年10月
会員数 48名
(いずれも愛知県弁護士会所属の弁護士。)
【2017年4月1日現在】
代表幹事増田聖子(弁護士,増田・横山法律事務所)
幹事

柴田義朗(弁護士,柴田・羽賀法律事務所)
堀康司(弁護士,堀法律事務所)

水野功(弁護士,鶴見法律事務所)

横山貴之(弁護士,増田・横山法律事務所)

景山智也(弁護士,あゆみ法律事務所)

岩城善之(弁護士,アール・イー綜合法律事務所)

柄沢好宣(弁護士,堀法律事務所)

▲ページの先頭へもどる